□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

ナナ

  • Author:ナナ
  • リネ・アス・実生活を綴るブログ
    リネ(終夏・葉乃衣
    アス(ナナツキ等
カウンター&ウェブ拍手

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
儚さ
土日に実家に帰りました。
帰る??由は先日のブログに書いたように、祖母の容態が良くないということで。

目的がソレだったんですが、せっかく実家に帰ったので
いっぱいご飯食べさせてもらいました(゚ーÅ)
後は車の運転もちょこっと(笑)
ご飯食って横になってたら、いつの間にか寝てたZzz
一人暮らし中はこんな事ないんだけどねぇ~。




日曜町の病院へ。

意識がないって聞いていたのですが、目も開いてて意識がある様子
ただ、呼吸するためのマスクがあったり点滴が付いてあったりと
少し痛々しかったです。
たま~に、痙攣も起こすみたいで見ているのが辛かった・・・。


意識はあるとは言え、認知症でもあるので誰が来た分るのは絶望的でしたが、話しかけてみたら

弱弱しくも、ほんの少し笑みを見せてくれました


父親側の祖母なのですが、不安そうに見てる父の顔が印象的だった・・。


3日もてばって言われてた祖母ですが、言われてから一週間経つそうです。
いつ絶えるか分らない命と??き合うと、何とも形容しがたい苦しさに襲われます。過去2回ほど、知人の死に??き合いましたが

人が停止する??、停止後の静けさ・・・

その静けさに包まれるように、感情も存在しないかのようになります。
??りが悲しんでいる様子を見ても、客観的になってしまう自分が無感情なのか心配になる。

決まって悲しさを感じるのは数??間、数日後です。


人間長く生きればいいってもんじゃない
って思う事もありますが

少しでも長く、少しでも元気に生きて欲しいと祈った一日でした。
スポンサーサイト
2005.11.21(Mon)  日常COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。